30代が持つべきメンズバッグ

30代が持つべきメンズバッグを間違えない!≪具体的アドバイス≫

30代男性私服、メンズスタイルのコーデを見てみる

 

 

30代が持つべきメンズバッグを間違えない!≪具体的アドバイス≫

 

服装は30代という年齢相応なのに、バッグだけ何故かミスマッチなひとがいます。たとえば、若い子が持つようなブランドのロゴが大きく入ったバッグを持っているひともいますが、ロゴは誰が見てもブランド名がわかってしまうので危険です。大人の男性なのでバッグはロゴが入っていないほうが素敵です。無地でいいんです。どうしても若い子が好きなブランドのバッグを持ちたい時はロゴが入っていないタイプを選びましょう。それなら問題はありません。あとは、ジャケットにパンツという大人っぽい地味な服装にスポーツバッグを肩からかけているひともいますね。しかもかなり薄汚れていたりすると、かなりダサいですし、冴えません。カジュアルな服装ならスポーツバッグもいいでしょう。(ただし綺麗な状態のもの)。

 

でも30代が持つべきメンズバッグ、きちんとした服装にはやはりかちっとしたバッグが似合います。ひとから見られる時、それぞれのアイテムを個別に見るのではなく、トータルバランスで判断されます。ですから、どんな服装でも同じバッグ、というのはNGであることを覚えておきましょう。また、昔から使っているバッグで汚れたり傷んだりしているものは手放したほうがいいです。清潔感にも欠けますし、みすぼらしい印象、おしゃれに関心がないという印象を与えてしまいます。バッグはそう高いものではありません。また、きれいめでもカジュアルでも使えるトードバッグなどもありますし、イマドキなバッグを手に入れたほうがいいですよ。女性はバッグが好きですし、当然男性が持っているバッグもすぐに目がいきます。そこで30代が持つべきメンズバッグが重要な部分で「ダサいバッグだな」と思われたら悲しいですよね。服にあわせて数種類のテイストの違うバッグをそろえておくと安心です。

 

かっこいい春服メンズ!人気のスプートニクスをみてみる