20代男性の私服

20代男性の私服!無駄な装飾は、子供っぽくてダサい≪改善策≫

メンズモテファッション、メンズスタイルのコーデを見てみる

 

 

20代男性の私服というと、仕事や趣味、恋愛(結婚)など、とっても充実していて、だんだんと男としての魅力の厚みが出てくる年代ではないでしょうか?そんな20代男性の私服、私がダサいな?残念だな?と思うファッションをひとことでいうと、「無駄な装飾」です。無駄な装飾って何?ネックレスや指輪をしているってこと?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。私の言う無駄な装飾とは、例えばシャツなら、無駄にズラズラと並んでいる英語の文字のプリントがあるものなど。パンツなら、おしりのポケット部分に、文字がプリントされていたり、裾の折り返し部分がチェック柄になっているなどです。いや、それらも、デザイナーの人が考えぬいた上質なデザインのものなら素敵だと思います。しかし、大抵は、中高生になった頃から通っている、値段が安めのお店で購入したものではないでしょうか?

 

20代男性の私服で安い服は、どうしても生地が安いっぽく見えてしまうので、デザインをゴテゴテ盛って、安っぽさをカモフラージュしています。そんなカモフラージュができるのは、中学生から大学生まで。彼らはまだ顔もあどけなく、安っぽさが逆に可愛らしくも見えます。20代男性が着た場合、顔が渋みを増してきて、体もゴツゴツ完成してきたのに、そのような服を着ると印象がチグハグになり、ダサいなあと感じてしまうのです。20代男性は、男としての見た目が素敵な時期だと思います。なので、シンプルな服を着るのが、一番外れなく、様になると思います。ファストファッションなどの安い服だっていいんです。要は、シンプルに自分の体に合ったサイズを着ること。そして清潔感を保つこと。髪型もさっぱりと清潔に。でも20代男性の私服、お休みの時はラフな感じにすると、普段とのギャップがあって素敵だと思います。

 

 

 

151515151