30代男の私服 モテる

30代男の私服でモテる!目指せBetter、非モテ脱出を伝授!

30代男の私服でモテる全身コーデを見てみる

 

 

30代男の私服でモテる!目指せBetter、非モテ脱出を伝授!

 

30代男の私服でモテる!おしゃれという言葉は十人十色。センスも好みもバラバラですが、『ダサい』はほぼ共通認識。女子の思う『非モテ服』はだいたい同じといっても過言ではありません。でば私的、30代男の私服でモテる為にズバッと知っておきたい非モテ代表3を紹介しましょう。

 

@裾を折り返したパンツAしわのあるシャツB実用性のないアクセサリーこの3つを組み合わせてモテる男性がいるとすれば、それはすでに服装以前の何か素晴らしいスペックの持ち主なのでしょう。常人ではまずありえません。逆に思い当たった方。ぜひとも見直しをお勧めします。まず「裾を折り返したパンツ」。こちらは「すそ上げすら面倒くさがった怠惰な一面」をお察しします。サイズを合わせなくてもかっこいい?そう思っているのは当人だけ、ということはありえませんか?裾折り返しが許されるのは小学生までです。パンツに合わせて脚が長くなるなんて期待してはいけません。

 

続いて30代男の私服で「しわのあるシャツ」。こちらはボトムス全般を言えますが、あまりにしわくちゃのものはどんなに洗いたてでも清潔には見えません。アイロンが面倒ならしわ取りスプレーをしてハンガーで干しましょう。最後に「実用性のないアクセサリー」。ウォレットチェーン・ゴツすぎるアクセサリー・指先のないグローブが該当します。ビジュアルを重視しすぎて生活に支障をきたしそうなアクセサリー、またはあまりに実用性がないものは「おもちゃ」にも見えます。漫画の世界に出てきそうなアイテムを現実に求めることは基本的にはないと言えるでしょう。じゃあ何を着れば非モテ脱却なのか。

 

上記を逆手に取りましょう。「サイズの合った服」「清潔感」「シンプル」これらを基本的に抑えたものが「モテる男の服装」なのです。そんな没個性的でいいの?と思われるかもしれません。「モテる男=おしゃれ」そして「おしゃれ=個性」と思っていませんか?相手におしゃれという印象を与えるためには相手の好みを知らなければなりません。しかし、5人の女性のうち、5人ともストライクを狙うなんて無理な話です。少数派のベストを狙う男性より、サイズの合ったものを、清潔感をもって、シンプルに着こなしたベターな男性の方が、「一般的に好まれる人」と言えるでしょう。非モテを逆手に取れば、誰でも「ベター」になれます。服装に前衛的こだわりを求めない男性が好きな私としては、シンプルで無難な洋服を上品に着こなす人と30代の男性デートしたいです。

 

実際に僕が愛用しているメンズスタイルをみてみる