メンズのネルシャツってダサい

メンズのネルシャツってダサい?避けるべきメンズ服の着こなし!

メンズのネルシャツってダサい?、メンズスタイルのコーデを見てみる

 

 

メンズのネルシャツってダサい?避けるべきメンズ服の着こなし!

 

避けた方が良いと思われるアイテムは、「チェックシャツ」。理由として、“オタクなイメージを与えやすい”からです。いまでこそ秋葉原では少なくなってきたかもしれませんが、数年前までは「チェックシャツ」+「ジーンズ」+「よくわからないメーカーのスポーツ用スニーカー」の組み合わせが溢れかえっていました。しかしこの組み合わせ=オタクのイメージはまだまだ根強いと思われます。

 

運動部出身者にありがちな、全身ジャージ姿はやめましょう。ファッション雑誌でジャージの上を着た写真が載っていますが、あれはジャージ素材でできた“トラックトップ(トラックジャケット)”という“同じだけど全く違うもの”です。ポロシャツもなぜか人気がありません。着ているとダサいという風潮があります。
よく見かける「デニムシャツ」もしくは「シャンブレーシャツ」に「チノパン」の組み合わせですが、上半身が暗めで、下半身が明るめなので、色合わせ的には問題ないと思います。 (上下とも、同じような明るさのアイテムを合わせると、ぼんやりした印象をあたえます。色彩学を勉強するのもアリかもしれません)問題は“他人とかぶる”ことだと思います。

 

またTシャツで胸に外国語で何か書かれているものも、避けた方が無難です。そこに書かれている言葉を母国語としている方々から見れば、口にするのも恥ずかしいような言葉かもしれません。また一般的な言葉でも、隠語としてデザインされているTシャツも少なくないと思われます。週刊マンガ雑誌の広告に載っているようなロックテイストのファッションも避けるべきです。中2病だと思われます。私はシンプルで、季節を問わず着まわしやすい服装が好きです。

 

151515151

 

151515151